医療と味噌汁と予防について

味噌汁は、日本人にとって、とてもおいしい、昔から愛されてきた食事の1つです。

ただ、医療的なことがらから注意すべき点として、味噌汁には塩分がとても多く含まれているという点です。
味噌汁はとてもおいしく、若い人からご高齢の方まで、たくさんの人が毎日飲まれている日本を代表する食事なのですが、昔から医療では議論されていたように、塩分が大変高いため、高血圧などの予防対策の必要な食べ物でもあります。

味噌汁に含まれる塩分は、地域によっても、または家庭によっても違うものですが、多くの日本の人が塩分をあまり気にせず味噌汁をつくっています。
その結果、脳卒中などの予防ができるものでも塩分が高いことによって予防がおいつかないといったケースもあります。
また、昔から、慣れ親しんできて味だという理由や好みによって、なかなか味を変えることが出来ないことも改善が難しい点になっています。

最近では、このような医療的な観点などから、スーパーやデパート、または自然系の食品コーナーなどに、減塩の味噌汁用の味噌コーナーが出来ました。
いろいろな種類があり、また、地域ごとの味に合わせることができるようにと、とても配慮されたペースになっています。

このように、味噌汁はとてもおいしく、体を元気にしてくれる昔ながらの、素晴らしい食べ物ですが、血圧のあがってしまう食べ物としても有名であり、その点に注意しなければならない食べ物でもあります。
特に、体があまり丈夫でない方や、家族に血圧が高い方がいるケースにはさらに要注意であり、気を付けるべき食べ物です。
ただ、減塩など予防をしっかりとおこなっていくことで、改善はきちんとできます。