医療と日本食とサプリメントについて

日本食はとても優れた食べ物として、世界的にも有名です。
たびたび、ニュース、新聞など、または雑誌などで話題になるくらい、日本食は医療としても健康的な食事であるとして、世界でも愛されています。
例えば、納豆、お寿司などはそのような代表であり、アメリカの医療分野でも、日本食は薦められています。
アメリカなどの食事の場合、ファーストフードなど、たとえばピザなどが多く、これはとても大きな肥満を呼び起こしてしまっています。
その結果、体重が若い女性でも300キロなどという数値にまでなってしまうことがあり、医療分野でもこのようなアメリカ昔からの食事について、提議をおこなっています。

一方、日本でも、日本食が素晴らしいとされながらも、なかなか現代の日本では、働く人々が多いことから、全ての食事を日本食にできる家庭はなかなかありません。
また、個人の味の好みの問題や食べたい味がファーストフードなどになってしまった人もおり、日本食がよいものであるとされる一方で浸透していない家庭などもあります。

また、経済的な面から、日本食でよく出される魚を食べたいと思っても、お金がなくて食べられないという人もいます。
魚は生理痛などにもよいため、女性にはとくにおすすめです。
しかし上記のような理由から不可能な場合、その魚の栄養素をサプリメントで代用させている人もいます。
サプリメントの中には魚と同じ良い成分が入っており、生理痛が酷い女性の場合にはこれらのサプリメントをもちいて常用することで生理痛を軽減させている人もおられます。
生理痛が激痛の場合には仕事や育児にも影響があるため、このようなサプリメントは助かるものとなっています。