医療の発展による平均寿命への影響

内臓の写真

人間のための医療は日進月歩で、薬の開発や治療法の進歩、例えば心筋梗塞の検査や治療法はより体に負担の少ない方法が主流となりました。
動脈硬化とその他の病気の関連性が研究されるなど健康的な生活を送るために重要な情報を共有できる社会にもなりました。
このような生命に関わる医療が進歩したおかげで平均寿命が以前より長くなりました。
世界的にも男性、女性とも長寿の国という認識です。

同時に病気を抱えながら生きている人が多くなり、日本の高齢化社会に拍車をかけました。
日本では西洋医学が主流で、内服薬も十分な量が確保できています。
さらに薬はより効果的で副作用の少ないものを使用し、効果がある場合は漢方薬も併用してより効果が速やかに現れるように考えられています。

患者に対しての薬の知識の普及や、患者自身が自分の体について深い関心を持ち続けるように、また、薬の自己管理ができるように教育されます。
薬や治療法に関しての情報が公開されることは医療従事者でない人にとっては自分の病気を知る上で大切なことです。
予防医学も進歩し、感染症に対しての予防接種も時期を逃さず学校などの場所での大流行を予防するためにワクチンの接種が行われています。
このことは子供の死亡率の減少に貢献しています。

予防的にも検査や治療法も発達し、平均寿命が延びたことは喜ばしいことですが、平均寿命が延びたことで新たな問題が現れました。
病気を持った高齢者が増加したことで介護施設などの部屋数が足りず待っている人が増えたこと、介護に関する公的費用の増加、生産性のある年代の人の減少で社会の活性化が鈍っていることです。
そのことは高齢者の社会参加を促進し、いつまでも現役でいることのできる人を多く確保しながら解決の糸口を見つけ出さなければならない問題です。

サイト内検索
人気記事一覧